kiyosumibunkoのブログ

本の購入記録を書いていきます。ジャンルは、歴史!史料学、史学史なんかが好き。

2021年3月7日(日)

平井の本棚 網野善彦著『日本の歴史をよみなおす』(ちくま学芸文庫)100円、司馬遼太郎著『司馬遼太郎と城を歩く』(光文社文庫)100円、司馬遼太郎著『司馬遼太郎と寺社を歩く』(光文社文庫)100円、島田潤一郎著『古くてあたらしい仕事』(新潮社)500円

 

久しぶりに平井の本棚。前に迷った司馬遼太郎と島田潤一郎さんの本ゲット。川本三郎さんの本を迷うもとりあえずこのくらいにしておく。

 

2021年3月4日(木)

三省堂 鉄野昌弘著『大伴旅人』(人物叢書吉川弘文館)2200円、天田乙丙・恩田登志夫共著『新訂港運がわかる本』(成山堂書店)3800円

澤口書店 『東洋文化研究所の50年』(東京大学東洋文化研究所)300円

東京都写真美術館 澤田知子著『狐の嫁入り』(青幻舎)2600円

ブックオフ上野 出久根達郎著『かわうその祭り』(角川文庫)110円、池波正太郎著『日曜日の万年筆』(新潮文庫)110円、伊藤正一著『黒部の山賊』(ヤマケイ文庫)110円

ヤフオク郵送 『篠山城採石場』(兵庫県文化協会)1000円

 

大伴旅人は好きだからなぁ。澤田さんの展示はおもろかった。東洋文化研究所は当たり、こういうのが手元に欲しいのじゃ。篠山はN氏に進呈だな。

2021年2月27日(土)

東京古書 『日本歴史の学者』(民主教育協会)300円、『文化財講座日本の美術17書籍』(第一法規出版)300円、『文化財講座日本の美術16古文書』(第一法規出版)300円、中嶋敏編著『ふみあと抄』1000円、寺田和夫著『日本の人類学』(思索社)200円

三省堂 東洋文庫編『岩崎文庫の名品』(山川出版社)2420円、林千寿著『家老の忠義』(吉川弘文館・歴史文化ライブラリー)1700円

西部古書 『本棚・拝見』(アスペクト)150円、佐野眞一著『渋沢家三代』(文春新書)100円、永井晋著『鎌倉幕府の転換点』(NHKブックス)150円

ジュンク堂 白戸満喜子著『書医あづさの手控』(文学通信)1800円

 

日本歴史の学者なんて本を初めてみた。新刊は勢いで買ってしまった。

2021年2月20日(土)

久米美術館 『久米邦武と旧久米邸』(久米美術館)500円

目黒美術館 『前田利為と尊経閣文庫』(石川県立美術館)2000円

ブックオフ五反田 出久根達郎著『二十歳のあとさき』(講談社文庫)110 円、岩本素白著『東海道品川宿』(ウェッジ文庫)110円、高牧實著『馬琴一家の江戸暮らし』(中公新書)110円

 

目黒美術館にてまた余計な図録を買ってしまった。

2021年2月15日(月)

ヤフオク 郵送 宮本又次著『春夏秋冬』『日間瑣事録抄』『天地有情』『残照録』『宮本又次略歴・著作目録』2000円

 

またまたヤフオクで買ってしまった。がこういう本は大好き。